くらしき絵本館+雑貨室のお仕事つづり


小さい出版社と禁酒会館雑貨屋のお知らせ
by kurashiki-ehon

カテゴリ:プレス( 14 )

「ポケットにつめるお話」ガイマン賞2017作品にノミネート

ガイマン賞2017に「ポケットにつめるお話」をノミネート作品に入れて頂きました。
b0156961_13294581.png
ガイマン賞は、翻訳された海外のマンガ「ガイマン」を広く知ってもらうために、
年間のベスト作品を決めよう、というイベントです。
「ポケットにつめるお話」はコマがないのですが、
フランスの版元のラソシアシオンはバンドデシネの出版社、ということで
ノミネート作品となりました。
b0156961_13295213.png

海外の知らない作品を知る楽しい機会ですので
どうぞご参加ください。

b0156961_13374325.jpg
ガイマン賞サイト:http://gaiman.jp/index.html



[PR]
by kurashiki-ehon | 2017-10-15 15:00 | プレス

ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!長編アニメ映画公開!

フランスで10月20日より『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』の長編アニメ映画が映画館で公開されています!
パロンドさんもしばらくこれにかかりっきりで・・・といっていた作品がついに劇場公開です。
テレビでは5分くらいのアニメが毎週放映されていましたが、ついに映画化でございますよ!
日本でも公開されないかな!!

[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-11-18 02:10 | プレス

ユリイカ9月号で引用された!

b0156961_532477.jpg


ニュース!!
『ユリイカ』9月号の小野耕生さんの記事「”かわいい”と”ブラック・ユーモア”のはざまで」(p.233~245)で、
『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』が引用されてるんです!びっくりしました!!
3ページくらいにわたって話の内容から、小野さんの思う『パパおは』の魅力まで書いてくださっています。
今年フランスで長編アニメの映画版が公開されることも書いてありました。

そもそもこれは、5月に来日していたルイス・トロンダイムさんについての記事なのですが、
『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』は日本で出ている彼の2作品のうちのひとつなんです。
そういうわけで小野さんが触れてくださったのですが、とても丁寧に書いて頂き感激です。
実際の絵も引用されていて、『ユリイカ』にお父さん一家が登場したと思うと感無量。。
そのほかのところも、BDとトロンダイムさんのことがよくわかるとても興味深い記事でした。
みなさんぜひ見てみてください★

b0156961_6020100.jpg

[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-09-16 05:59 | プレス

山陽新聞掲載とアソシアシオン

b0156961_20151520.jpg

7月10日の山陽新聞に2作目出版の記事を掲載していただきました。
ストーリーについて「読み返すごとに笑いがじわじわ」と書いてもらいましたよ。
新聞記者さんてまぶしい毎日をおくってそうで気後れしてしまうのですが、
記者の方が女性のすこし年下の同年代の方で、本の話はもちろん、
昔読んだマンガの話から、今思うこととかそんな話までできて楽しい濃密な時間になりました。
4月から使っている別室のくつろげる作りもよく作用したのかもしれません。
友達の部屋に来たようだとおっしゃってました。
どうもありがとうございました!


もうひとつうれしいことがありました。
オリブリウスのゆかいな冒険の原出版社であるアソシアシオン(L'Association、サイト工事中)から、
オリブリウス日本語版が欲しいと注文が入ったのです。
契約上すでに献本はしていてオフィシャルにはそれで済むはずなんですが、
今回のご用命は社員が一冊ずつ持っておきたいとのことで、だそうです。10冊送りました。
アソシアシンといえば、BD界の伝説的出版社、わたしゃBDについての本でその名前を知ったですよ。
新しい表現を求めるBD作家たちによって1990年に設立され、
今でも作家性の強いオルタナティブな作品を出し続けるBD出版のカリスマ。
近年日本でも話題になった『大発作』のダビッド・ベーや『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』のシナリオ担当ルイス・トロンダイムはその創設メンバーでした。
ジョゼ・パロンドさんもここから何冊も出版しています。
長編アニメ版がカンヌ国際映画祭で審査員賞をとった、マルジャン・サトラピの『ペルセポリス』もこのアソシアシンから出ています。
そんな憧れの出版社のひとたちから日本語版を欲しがってもらえるなんてしあわせ。

2010年下半期もがんばってまいりましょー!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-07-15 20:42 | プレス

産経新聞とsmile6月号

b0156961_055826.jpg


↑ 大きい画像が見つけられず小さくなってしまいました。

山陽折込センターから発行されている「smile」の6月号のプレゼントコーナーで、
『オリブリウスのゆかいな冒険』の紹介をして頂きました!
前にsmile womanでお世話になった記者さんにまた取材してもらいました。ココ(リンク切れで記事は変わっています)
気を遣っていただき前回の1冊目のことも写真入りで触れてもらえましたよ。ありがたや!
smile読者の皆さん、よろしくです。

そして6月15日の産経新聞岡山版で「くらしき絵本館2冊目」と記事にして頂きました。
支局長自ら取材の立派な記事になりました。写真もよく撮っていただきさすがでございました。

smileも産経新聞もネットで記事が見つからなかったので、
ご紹介できず残念。岡山で読んだ方がいたらうれしいです!

梅雨ですが、食べ物には気をつけましょう。
わたしは初挑戦のベランダ菜園を全部青虫に食べられて打ちひしがれています。
おまけにふと気づくと青虫が布団の上をはっていてもう何をやっているのかわからなくなりました。
梅雨と関係ないですね。。
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-06-19 00:21 | プレス

FM岡山で収録

b0156961_11541375.jpg

6月1日毎日新聞掲載の「あっぱれ岡山」ですが、
今まで書いてもらうことのなかった、直接営業のことも記事にしてもらい新鮮でありがたかったです。ココ
リュックしょって本屋に納品にまわってることも書いてくれています。
字で読むと我ながら、いまどき…って思いますが、1作目は重くてねぇ。
20冊とかさすがに手で持てませんでした。
2作目のオリブリウスは軽くてエコバッグで持ち運びできてかなり楽です。
持込だと、本の版型で納品のときの負担がだいぶ変わることを体感です。
五十嵐さんありがとうございました!

昨日はFM岡山で収録がありました。パーソナリティーは前回お世話になった牛嶋さんです。
牛嶋さんは流す音楽のリクエストも聞いてくださるので、
前は小西康陽さんに本の帯を書いていただいたこともあり、
ピチカート・ファイヴにしてもらってご機嫌でした。(レディオMOMOも前回ピチカートにしてもらいました!)。
今回関わった音楽の方は特にないのでどうしようかなーと考えた結果、
以前ジョゼ・パロンドさんにもらったCDのひとつ、アダム・グリーンにしました。
アルバム、Friends of Mine の Bleubirds と Jessica です。
アダムさんいいっす。
もうひとつ選んだのが、真心ブラザーズ
アルバム、I will Survive の BABY BABY BABY と Sound of Love です。
これも全曲好きなアルバムです。

今日のFM岡山の収録ですが、放送日は6月25日午前9時25分から30分程度です。7月2日になりました!
そして、なんと、牛嶋さんがマンガ好きということで、フランスマンガのお話を続けてさせてもらいました。
結局2回分の収録となりましたよ。2週間にわたって放送されることになりました!
ありがとうございます!!
2回目の放送日は7月2日の同じく午前9時25分ころからです。7月9日になりました!
びっくりしたのは、お披露目会に来てくださった社長さんが隣でずっと収録を聞いてくださっていたこと。
放送日に聞けるかわからないからとおっしゃって、お忙しいところを一時間ほどもいてくださいました。
毎回、感謝の気持ちと学ぶこと多々です。

岡山の方、音楽聞きがてらぜひ聞いてみてください!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-06-05 11:56 | プレス

Mimi Party のお知らせとラジオと新聞

b0156961_0132929.jpg

5月29日はvilla九条山で19時からMimi Partyがありますよ。
↑ ピエールさんの書いたチラシであります。
ピエールさんやフランスのアーティストたちが作品発表する楽しい場です。
たどり着くのに山に登らないと行けないけど、ここはフランスか?という異空間になっていますので、
是非足を運んでみてください。
わたしは演劇のワークショップ(非公開)で通訳のバイトをさせてもらいます。

今日はエフエムくらしきの生放送でした。不思議な感じでした。
イシイ編集室長も一緒だったので、普段のおしゃべりが今ラジオで流れてるっていうのがよく実感できませんでした。
曲の間にスタジオに入って曲の間にスタジオを抜けるというのがあっさりしてて面白かった。
大谷さんはとっても自然な感じで相変わらず楽しい収録になりました。

そしてこないだ放送されたRSKの歌のない音楽会について、
わたしは大阪にいて聞けなかったのですが、イシイ編集室長によると、
選曲を「男と女」などパリっぽいものにしてくれ、朝にぴったりの素敵な感じにしてくださっていたそう。
小林さんありがとうございます!小林さんとの共通点はたぶん占い好き(笑)

そして新聞社の方も取材してもらいました。
毎日新聞の五十嵐さんがまた取材に来てくれました。
6月1日火曜日の「あっぱれ岡山」(←爽快なタイトル!)欄に載せてくれるそうです。
全身で話を聞いてくださり、感激でした。記事楽しみです。

あと産経新聞の岡山支局長にも直々に事務所にお越しいただき取材していただきました。
掲載日時は未定ですが、またお知らせさせていただきます!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-05-29 00:17 | プレス

Radio MOMOとエフエムくらしきの収録と生放送

b0156961_23253421.jpg


昨日のピエールさんの授業興味深かったです。
視線の誘導のお話とかしてくれて学生さんにも新鮮だったようです。
ピエールさんありがとう。
そのあとの学生さんによるインタビューも快く受けてくださいましたよ。
楽しくてだいぶはしゃいでしまいました。

そして、今日は先ほど岡山シティエフエムRadio MOMOで収録させてもらいました!
パーソナリティーは上別府千晶さん。
こないだのお披露目会にも来ていただいていました。
上別府さん=女子力であります。会うとテンションがあがるのです!
放送は6月1日火曜日、午後5時35分過ぎからです。
ぜひ聞いてくださいませ♪


さらに、明日はくらしきエフエムでなんと生放送で出演させていただきます!
パーソナリティーは大谷利文さん。
前回もお世話になりました。
HPにイケメンなお写真も載っておりますよ。ココ
5月28日16時30分から放送されます。
岡山市でも聞こえるところは聞こえるみたいです。
イシイ編集室長と参上します。
よろしくお願いします!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-05-27 14:53 | プレス

毎日新聞で紹介されたよ

b0156961_0223686.jpg


5月18日の毎日新聞岡山版で『オリブリウスのゆかいな冒険』が紹介されました!
先日のお披露目パーティーに来てくださった記者さんが書いてくれましたよ。 ココ
ありがとうございます! 
実際の新聞のほうには本を持ったわたくしめの白黒写真まであってお恥ずかしい。。
いや、ほんと取り上げてもらえるのはありがたいことです。
ひとりでも多くのひとに知ってもらえますよーに!

そして、こないだ収録したラジオの予告も。
5月25日、RSK山陽放送の午前6時40分から「歌のない歌謡曲」で紹介されます。
オリブリウスをフランス語と日本語で3ページほど読ませてもらいました。
それがどう編集されているのか楽しみです♪
パーソナリティは第一作のときも電話出演させていただき、お世話になった小林章子さんです。
岡山在住の方、早起きしたらぜひ聞いてみてくださいませ。

今後ほかのラジオと新聞の方も取材してくださる予定。
またお知らせさせていただきます!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-05-21 00:36 | プレス

お披露目会

b0156961_4285030.jpg


↑ K氏が撮った写真です。

もう5月も下旬ですね。はやすぎる!

14日に岡山のミレットというレストランで、『オリブリウスのゆかいな冒険』お披露目パーティーを開きました。
記者の方、ラジオのパーソナリティーの方、アナウンサーの方、マスコミの方に来て頂きました。
第一作で取材してくださった方も多くてうれしい再会でもありました。
みなさんお忙しいなか、ありがとうございました!
そしてお料理もおいしくて雰囲気をだいぶ盛り上げていただきました。

早速ラジオの収録なんかさせてもらいましたよ。
またお知らせさせていただきます!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2010-05-17 04:35 | プレス


くらしき絵本館ホームページ


www.kurashiki-ehonkan.com
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧