くらしき絵本館+雑貨室のお仕事つづり


小さい出版社と禁酒会館雑貨屋のお知らせ
by kurashiki-ehon

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ラジオに出ます

b0156961_1273235.jpg


年度末ですねぇ~。
いかがお過ごしでしょうか。

わたしは来る新年度におびえております。
四月、おそろしや~ちゃんと生活しているのか。。

まあ、そんな個人的状況はさておき、
前にも書きましたが、3月27日、午前9時35分ころから20分ころからになりました、訂正
牛嶋俊明さんの『Fresh Morning OKAYAMA』というFM岡山のラジオ番組でとりあげてもらいます。
お時間のある方はぜひお聞きくださいませ。
本の第一話をラジオドラマ風にして流してくれるそうです。
そして、ピチカート・ファイヴの曲も2曲流してもらいますよ!1曲は時間の関係でコーナー前になりました、訂正
牛嶋さんのブログでも取材の時の様子を書いてくれました。ココ

そういえば新聞で読んだんですけど、ジュンク堂が大日本印刷の傘下に入ったんですね。
すでに傘下に入っていた丸善と統合するかもしれないとか。
本屋さん情報が気になるこのごろです。ま、なんの影響もないのですがー。

★ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2009-03-26 02:59 | プレス

京都で!

b0156961_1365917.jpg


京都で営業をしました。

あるジュンク堂書店に行ったら、残念ながらそこにはスペースがないとのことで、
より大きいBAL店を勧めてくれました。
言われるがままBAL店に行ってお話しすると、5冊置いてもらえることになりました!
最初、置く場所について、絵本?洋書?と迷っておられたのですが、
最後にはこれは絵本コーナーではないですね、ということで、
7階の語学コーナーか、洋書の絵本コーナーに置いてもらえることになりました。
フランス語の対訳ものは少ないので、学習者の人は読みたいかも、ということでした。なるほど。
大阪本店で置いてもらってることでより話が早かった感じです。
大阪がいきなり10冊置いてくれたのは結構な決断だったのかもといまさら思います。

べつの京都の大型書店にもいって、今のところ返事待ちです。
そこも熱心にお話を聞いてくれ、結果はどうあれそれだけでうれしい。

もうひとつ大型書店に行ったのですが、大きい店舗なのに、
フランス語の本は棚のなかの一列だけで縦置きのみ。
ジュンク堂なんかだと棚二つ丸々フランス語の店舗もあるんですが、
本屋によってフランス語への取り組み方が全然違うことがわかります。
これまで本屋のはしごとかしたことがなかったので違いがあることが新鮮っす。

そして岡山で取材を受けました。
近日中に朝日新聞の岡山版に載ります。
どうかいてくれるんじゃろか~たのしみっす。

★ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!
[PR]
by kurashiki-ehon | 2009-03-19 13:14 | 営業

東京で!

b0156961_16571525.jpg


東京の友人が、なんと、近所の本屋に営業してくれました。
そして置いてもらえることになりました!
忙しいのに、何回も本屋さんに行ってくれ、わからないまま「納品書…?スリップ…?」と言ってきてくれました。
ありがたい。
西荻の信愛書店です。ちょっとこだわりの本屋さんのようです。
そして聞くだにいい店主さんです。
同じ方がやっている高円寺の書店高円寺文庫センターと、ブックカフェ茶房高円寺書林にも置いてもらえることになりました。
それぞれ一冊ずつなのですが、初めての東京進出(?)で嬉しいことです!

先日、大阪にある系列の違うカルチャーセンター2校に行きました。
どちらとも教材コーナーがありませんでした。。
行ってみないとわからないもんだなぁ。

こないだから置いてもらっている堂島のジュンク堂書店ですが、
目線の高さに平置きしてくれているんです!!
あんなに場所取る本なのに…
期待にこたえたいものです!

そしてアマゾンの担当者の方に電話をしました。
システムが整っていないらしく、まだ社内でもいつになるかアナウンスがないとのこと。
私が以前に電話したことも覚えてくれていて、申し訳なさそうな感じなので、
ほかのところはばんばん新刊出てますよね?って肝心のことが聞けませんでした。
うーん、登録いつになるのだろう。。

★『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』
[PR]
by kurashiki-ehon | 2009-03-13 17:01 | 営業

岡山で取材

b0156961_18573989.jpg


岡山に帰っていました。
ラジオの収録と雑誌のインタビューがありました。
ラジオは四回目になります。
DJの方によって事前にお話しすることが違って興味深いです。
今回は岡山FMの牛嶋さんでした時代劇のお話を聞きました。
本の1話目をラジオドラマにしてくれるそうです。楽しみ!
3月27日朝9時半ごろ放送の予定です。

もうひとつ雑誌のほうは4月末に配布になるもの。
山陽新聞の折込冊子、「Smile」です。発行部数が21万部以上だそうで、ありがたい話です。
わいわいお話できました。写真は自分で送ってもいいそうなので、これから奇跡の一枚を撮影したいと思います。

あと、編集室長と2作目の出版の話をしました。
1作目がまだどうなるのか分からないけれど、もう動き出そうと。
ちょっと力をもらえるようなお話もあったし。
前に進むのみ。

そして、先日書いていた梅田の大型書店からお返事が来ました!
なんと、ジュンク堂大阪本店に置いてもらえることになりました!!
3階の語学、フランス語のコーナーです。とりあげず6月5日まで。
自分が行っていた本屋の一冊になれるなんて感慨深い。うれしい!

その舞い上がった気持ちで、梅田の別の大型書店に営業に行きましたが、
語学書、洋書のコーナーを縮小していっているので…、とのことで残念ながらだめでした。
やはり前から関係のある出版社さんのものが強そうです。
山あり谷ありですな。

本屋によって、取り扱いを決める責任者違うようです。売り場担当者だったり、肩書きのある人だったり。
そういう違いが分かるのは面白いです。自分が働くならどこかなーと思ってみたりして。

昨日はリュックで20冊しょって梅田を徘徊していたので筋肉痛です。行商気分満喫。

★『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』
[PR]
by kurashiki-ehon | 2009-03-07 14:04 | 営業

引き続き

b0156961_1343431.jpg


営業日誌など。

大阪府立大学の生協が2月末で販売終了しました。
一応10冊全部売れたのですが、ほとんど知り合いか自分だったので、勇気が出ず継続もお願いしませんでした。
知り合いの方、そして見知らないのに買ってくれた方、ありがとう。
大学図書館には購入してもらえることになりました。1冊なんだけどやり遂げた感あるわー。

梅田の大型書店に営業に行きました。洋書・語学コーナーです。
友人から、朝日カルチャーセンターで売れていることをアピール!とアドバイスをもらったので、そのこともお話しました。
前向きに検討します、とのことでした。
結果はまだ分からないけれど、カリスマ書店やマイナー好きそうな書店よりもずっといい反応。
直販用にちゃんと掛け率や期間など扱いが決まっているようです。
規模が大きいからかえって、場所や試す余裕があるのだろうか?
小さいところのほうが融通が利くかと思っていたけれど、そういうわけでもないのかな。

水曜日のリュシー・アルボンのイベントですが、面白かったです。
通訳は。。分からなくて結構聞き返してしまった。だめだー。
観客が紙の上に置いた形をもとにして、即興で音楽に合わせてイラストを作っていくというパフォーマンスがありました。
意図のないものからかたちを見ていくってすごい。即興ってなんにしても持っている技術が高くないとできないですよね。

そうそう、京都国際マンガミュージアムから追加注文が来ました!
よかったー。じつはここも自分でちょっと買ったんだけれど。。
このペースで続けて売れればいい!

『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』 帯文:小西康陽 (←小西さんの名前も入れたほうが検索かかるかなーと。あざとい。。)
[PR]
by kurashiki-ehon | 2009-03-01 14:05 | 営業


くらしき絵本館ホームページ


www.kurashiki-ehonkan.com
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧