くらしき絵本館+雑貨室のお仕事つづり


小さい出版社と禁酒会館雑貨屋のお知らせ
by kurashiki-ehon

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

従業員Aの写真と日記③


b0156961_1214136.jpg
この前、ニンジンと赤ピーマンの薄い切片を作ったのを顕微鏡で見せてもらった。
ニンジンの細胞はほとんどが透明でアントシアンの針状結晶が僅かにニンジン色に見えた。
また、赤いピーマンでは透明な細胞の隅に小さな赤い塊が各細胞にあった。
それでニンジンや赤ピーマンを見ると赤黄にニンジン色が全体にみえ、また赤いピーマンにみえた。

このことを私達の毎日の生活について考えてみると、気になっていること、考えていることを更に深くというか詳細に分け入ってみる。
すると気になっている心配事の原因がはっきりしてくることがある。
すると解決の糸口を掴むことができる。
そうやって一つひとつ解決していく。

また、一方で自分のいる立場を広い景色の中に入れてみる。
自信に満ちた自分も風景の中の一点になってしまう。
あまり周囲の事に気を配り過ぎてあわてている自分が可笑しくなってくる。
私達の生活は毎日いろいろなことが起こっているのに捕われ過ぎているのが分ってもう少し気持ちにゆとりを持とうという気持ちになる。
これを繰り返して現実を生きていくのはどうだろうか。
[PR]
by kurashiki-ehon | 2012-01-20 01:22 | 従業員Aの日記


くらしき絵本館ホームページ


www.kurashiki-ehonkan.com
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧