くらしき絵本館+雑貨室のお仕事つづり


小さい出版社と禁酒会館雑貨屋のお知らせ
by kurashiki-ehon

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

従業員Dの写真と日記③

強いものは美しいシリーズ その3

ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」型1番艦 護衛艦ひゅうが(日本)
海上自衛隊 横須賀地方総監部

b0156961_1131258.jpg


さてお次は現代の日本からのご紹介です。
昨年3月11日、宮城県北部で大きな地震がありました。そう、東日本大震災です。
その発生からわずか2時間後、海上自衛隊の各部隊は被災地に向けて出港していきました。
横須賀から出港した自衛艦の一つがこの「ヘリ空母」と呼ばれているひゅうがです。

全長約200m、幅33mでこれまでの自衛艦の中で最大級の大きさを誇ります。
ヘリコプター11機を格納でき、3機が同時に着艦できる能力をもちます。
震災ではこの輸送力が救助活動及び物資輸送でとても役に立ったそうです。
実に頼もしいですね。

b0156961_113244.jpg


兵装は単艦での出撃は想定されていないので対潜および近接防御の装備に重点がおかれているようです。
船首にファランクスという20mm機関砲がついています。対艦ミサイルを撃ち落とすためのものです。おっちゃんが横に立ってますね。白い筒状のものがレーダーでその下に機関砲がついています。発射速度は1秒間に約60発。ぶぃぃぃぃんってすごい勢いでタマが出ます。狙いも自動で正確です。

錨が船首についています。これは潜水艦探索用のソナーの邪魔になるためのようです。潜水艦の脅威はいま現在でも失われてないんですねー。

我々が日々安心して生活できるのも普段は目立たないところでいざというときのために準備している自衛隊のみなさんのおかげです。ありがとうございます。

CIWS 展示  護衛艦『ひゅうが』
[PR]
by kurashiki-ehon | 2012-02-10 01:15 | 従業員Dの日記


くらしき絵本館ホームページ


www.kurashiki-ehonkan.com
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧