くらしき絵本館+雑貨室のお仕事つづり


小さい出版社と禁酒会館雑貨屋のお知らせ
by kurashiki-ehon

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

従業員Aの写真と日記⑬

b0156961_2257025.jpg

平成24年(2012)10月の中旬、
東京で国際通貨基金・世界銀行年次総会が48年ぶりに開かれ
188カ国から2万人の外国人が訪ねてきた。
世界の要人が集まる会議なのに街に物々しさがなく安全な国という人もいたし、
駅の売店で物を買った人は物の品質は勿論、
店の対応にも気にいって店と店員をそっくり自分の国は持ち帰りたいと言った人もいた。
国際会議では時間がひどくずれ込むのが日常茶飯事なのに、
予定通りに進められる。また、地下鉄に乗った人は電車が時刻通りにやってくるのに驚いたという。日本では当たり前な事が他の国ではそうでない事なのだろう。

そのような事は昔からあったと日本人になったドナルド・キーンさんは言っている。
最初に日本に来た中国人は魏志倭人伝の中で、一つは人や街が清潔な事、
もう一つは人びとの丁寧な振る舞いといっている。
これは現在でも初めて日本を訪ねる外国人の感想と同じで驚くべきことだ、と。

日本を訪ねた外国人は日本の当たり前の生活や振る舞いの驚いているところもあるが、
毎日生活している私達にはそれらの事は当然の事と思っている。
しかし、少しずつ変化してきているようにも思う。
狭い夜道をライトも付けずに追い越す自転車、
歩いている人を邪魔とばかりに追い越す人にも良く出会う。
これらの事を考えると、一つは何でもアナログからデジタルに移りつつある事が私達の生活意識を変えはじめているのかと思ったり、
また、人々が忙しすぎる生活になって来たからだろうか。
[PR]
by kurashiki-ehon | 2013-01-24 22:58 | 従業員Aの日記

演劇のアフタートークに呼ばれた


昨年授業を取ってくれていた立命館大学の学生さんが、
卒業して演劇に専念しています。
18日から22日まで元・立誠小学校音楽室で
「劇団しようよ」による「スーホの白い馬みたいに」が上演されます。
京都の方、お時間あればぜひ。
そして20日の11時の回のアフタートークに呼んでもらっています。
私が演劇を見た経験は生まれてから4回くらい。しんぱい。
b0156961_3311337.jpg

b0156961_3325413.jpg

[PR]
by kurashiki-ehon | 2013-01-19 03:34 | 代表の日記

従業員Aの写真と日記⑫

b0156961_0363912.jpg


紀貫之と聞けば何を思うだろう。
古今和歌集の選者の一人、
また仮名で書いた「土佐日記」が思い浮かぶ土佐日記では
「をとこもすなる日記といふものを、をむなもしてみむとてするなり、
といってかなの文で任地の土佐から帰京するまでを書いた日記という。
「をとこもすなる日記・・・」というところだけおぼろげに浮かぶだけだ。

土佐国守の任期お満ちて承平4年(934)12月21日出発して、
翌年2月16日京の宅に入るまでの日記で、
読み始めて正月の料理の事が書いてあって興味を持った。

29日は大湊に泊まった。医者がとそと白散を持ってきた。
白散はとその一種で元旦用の薬酒。いもじ、あらめも、はがためもなし。
かようなものなきくになり、と続く。

いもじはずいき、あらめは褐藻類、
はがためは正月元三日に長命を祈って食べる祝いの食物で、
大根、まこも、串刺、押鮎、焼き鳥等の事。
興味を引くのは食べ物の事。
千年以上も前の正月の料理はちょっと考えると時代も大きく変わっているのに食べ物が変わらない。日本人のものの考え方を決めている一つかもしれない。
[PR]
by kurashiki-ehon | 2013-01-16 00:38 | 従業員Aの日記

BONNE ANNEE 2013!

b0156961_13461379.jpg


明けましておめでとうございます!

昨年は2冊新刊を出すことができました。
イベントもできて強く印象に残りました。
みなさまのおかげです。ありがとうございます。

今年は新刊のほか新しい展開も予定しています。
みなさま、どうか本年もくらしき絵本館をよろしくお願いいたします!

写真の文章は「恋をした星の王子さま 名の明かされない女性への手紙」のなかで
サンテグジュペリが記していたものです。
おとぎ話だけが人生の真実だってわたしたちはよくわかってる、という意味です。
日々おとぎ話のように生きる!今年のテーマです。

みなさまにとって素敵な一年となりますように★
[PR]
by kurashiki-ehon | 2013-01-01 14:03 | 代表の日記


くらしき絵本館ホームページ


www.kurashiki-ehonkan.com
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧