くらしき絵本館+雑貨室のお仕事つづり


小さい出版社と禁酒会館雑貨屋のお知らせ
by kurashiki-ehon

引き続き

b0156961_1343431.jpg


営業日誌など。

大阪府立大学の生協が2月末で販売終了しました。
一応10冊全部売れたのですが、ほとんど知り合いか自分だったので、勇気が出ず継続もお願いしませんでした。
知り合いの方、そして見知らないのに買ってくれた方、ありがとう。
大学図書館には購入してもらえることになりました。1冊なんだけどやり遂げた感あるわー。

梅田の大型書店に営業に行きました。洋書・語学コーナーです。
友人から、朝日カルチャーセンターで売れていることをアピール!とアドバイスをもらったので、そのこともお話しました。
前向きに検討します、とのことでした。
結果はまだ分からないけれど、カリスマ書店やマイナー好きそうな書店よりもずっといい反応。
直販用にちゃんと掛け率や期間など扱いが決まっているようです。
規模が大きいからかえって、場所や試す余裕があるのだろうか?
小さいところのほうが融通が利くかと思っていたけれど、そういうわけでもないのかな。

水曜日のリュシー・アルボンのイベントですが、面白かったです。
通訳は。。分からなくて結構聞き返してしまった。だめだー。
観客が紙の上に置いた形をもとにして、即興で音楽に合わせてイラストを作っていくというパフォーマンスがありました。
意図のないものからかたちを見ていくってすごい。即興ってなんにしても持っている技術が高くないとできないですよね。

そうそう、京都国際マンガミュージアムから追加注文が来ました!
よかったー。じつはここも自分でちょっと買ったんだけれど。。
このペースで続けて売れればいい!

『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』 帯文:小西康陽 (←小西さんの名前も入れたほうが検索かかるかなーと。あざとい。。)
[PR]
# by kurashiki-ehon | 2009-03-01 14:05 | 営業

子どもも読むよ

b0156961_23212233.jpg


子育て日記ではないんですが、友達のこどもちゃん、ジャンヌ(仮名)です。
本読んだよって写真送ってくれたのですが、かわいすぎるので載せさせてもらいました。
いつもジャンヌのシャメには撃たれるですよ。かわええ。
ジャンヌ母曰く、「見た目はお姫様なのに、中身はモンスター」ていう暴君ぶりもぐっときます。

さて、本屋の営業にはくじけ気味であんまりいってないのですが、
先日大阪市立大学に行き、生協に置いてもらえることになりました。
4月からの販売になります。先生方も買ってくれました。紹介してくれた友人に心より感謝!

そして、朝日カルチャーセンター大阪校から追加注文ありました!
今回もし完売しても次置いてもらえるだろうかと案じていたのですが、
センターのほうからご注文いただきました。販売のときも宣伝してくださっているようで。。(涙)

売れるといいね、がんばってねと応援してくれる善意のおかげで後ろ向いて疾走しなくてすんでます。
どうもありがとう。

明日、夜19時から関西日仏学館でリュシー・アルボンのイベントがあり、通訳させてもらいます。
た、助けに来てください~。

『ピエールとジャンヌのパパ!お話しして!』←ブログの文中に本のタイトル入れたほうが検索かかりやすいらしいです。知人の方に教えてもらったので早速書いてみました。
[PR]
# by kurashiki-ehon | 2009-02-24 23:41 | 営業

掲載誌

b0156961_1311886.jpg


b0156961_1313145.jpg


2誌に掲載されました。

読売岡山ライフ2月号と、週刊vision岡山1月26日号です。

読売の記者さんとてもナイスな方で、面白かったです。
知識が豊富で岡山暮らしをパワフルに楽しんでいて刺激を受けました。
カラーで顔写真を載せてもらったのですが、今までで一番映りがよかったです。凄腕。

visionのほうはビジネス情報誌なのに載せていただき感謝。
ポイントを突いた記事を書いてもらいました。
ビジネス誌のせいか、~氏、~代表と書かれていて新鮮でした。

そして、こないだ営業に行ったフランス語学校ですが、
置いてきた1部をとりあえず受け付けに置き、様子を見てくれるそうです。
置いてくれるだけでうれしい。受付の方ありがとう!
すぐに欲しがられて、さらにその横のお友達なんかに私も欲しい!って言ってほしいです。できれば大きめの声で!

そしてアマゾンですが、新刊ばんばん出てません?
こないだ雑誌の3月号が出ていて注文したら届いたし。
私以前このように言われたのですが…
どういうことなんだろう??
[PR]
# by kurashiki-ehon | 2009-02-19 13:12 | プレス

営業、つながり

b0156961_1273967.jpg


営業話をいくつか。

ある本屋さんに電話をかけました。
サイトを見て返事をくれるとのことでした。
本を送りましょうかというと、大丈夫ですとのことでした。
こないだの本屋さんもそうだったのですが、
実物はそんなに必要ないんですね。
以前、書店とのやり取りは「現物見なきゃ話になんねぇよ!」という頑固親父との会話
みたいなのが繰り広げられると思っていたのですが、
そうでもないようです。
返送とか手間がかかるからかなぁ。

別の本屋さんに行きました。
そこはマイナーな本とかサブカルっぽいのは喜んでもらえそうな気がしたのですが、
大手のものか確実に売れるものでないと、というお返事。
ビジネスとなるとなかなか厳しいずら。
まあ直販だったのが原因でしょうねえ。

朝日カルチャーセンター大阪校の売れ行きに続こうと、
京都校に行きました。京都校には教材販売コーナーがありませんでした。。

昔行っていたフランス語の学校に行きました。
責任者の方がいなかったので、受付の方とお話。
とくに販売スペースなどないのですが、
受付の方が優しかったので、考えていただけませんかね?と本を置いてきました。
結果待ちです。

今日でカリスマ書店のお返事の期限です。
いま返事が来てないということは。。次じゃー!

さて、営業はこんな調子ですが、
読んでくださった方がブログで取り上げてくれてたりするんですよー!
まぶだちの同僚さんがねぇ、書いてくれてるんすよ! ↓
このページ
ええ話しだす。
ありがとう。まぶだちちゃんもありがとう。元気でますです。
営業同盟結んでがんばりましょう!
[PR]
# by kurashiki-ehon | 2009-02-14 12:19 | 営業

軽便鉄道

b0156961_13584772.jpg



こないだカリスマ本屋に行きました。
本の営業をしたんだけれど、反応が薄かったなぁ。
チラシがあれば判断できます、ということで本を置いてこなかったんだけれど、
やっぱり置いてくればよかったかなぁなどと後の祭りです。

そんななか朝日カルチャーセンター大阪校が、ほかの本屋さんより売れていることが判明。
フランス語講座の受講生さんが買ってくれているのかなー。
今は本屋では絵本コーナーにおいてもらっているのだけれど、
フランス語学習コーナーに置いてもらうのもいいのかも。

ふむ。
とりあえず、そのことは置いておいて、
くらしき絵本館編集室長が自分の編集事務所(書肆亥工房)から出している本があるのでご紹介します。
「岡山の軽便鉄道6鉄道図絵」の完全復刻版です。
上の写真が6つのうちのひとつ、片上鉄道線案内(大正13年)の表紙です。
ひとつが5,000円(税別)で6点セット25,000円(税別)です。
これは好きな人にはたまらないでしょうね。
鉄道ジャーナルとかにも広告をして反響があったそうです。

興味のある方はぜひ下記までご連絡を!
書肆亥工房連絡先
電話:086-473-0032
email:ishigai@snow.plala.or.jp
[PR]
# by kurashiki-ehon | 2009-02-10 14:02 | 営業


くらしき絵本館ホームページ


www.kurashiki-ehonkan.com
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧